格安simのオススメのはじめ方

格安SIMのオススメのはじめ方では、これから格安SIMをはじめたい方向けにオススメの方法を解説しています。
このサイトはこんな疑問や悩みを抱えている方にオススメです。

  • ドコモ/au/ソフトバンクから格安SIMにMNPしてもいいの?
  • 探してみると格安SIMの種類もたくさん、あって私に合うのはどれ??
  • データ容量、段階制、バースト、無料通話、高速通信ON/OFF・・何選べばいいの?


格安SIMのはじめ方 あなたの生活スタイルに合った格安SIM選び

このサイトでの提案は、  「データ通信専用SIMで生活スタイルにマッチした格安SIMかを見極める
です。


最近の格安SIMは、ネットからのMNP申込でも電話や通信ができない期間はごくわずか、ほとんどない状態になっています。(全部の格安SIMが対応しているサービスではありません)

店頭で申し込まなくても、申込後、配達されるSIMを差し込んで、電話や専用サイトにアクセスするだけで、通信会社の切り替えが完了します。

格安SIMの最大デメリット

データ通信の品質が悪い(遅い)場合があることです。
これは、ドコモ、au、ソフトバンクのキャリアから格安SIMへMNPした場合のデメリットです。
キャリアの契約はそのままで、格安SIMを使ってみる方は該当しません。

これ以外にも、月々の割引サービスがない、キャリアのメールアドレスを失う、
おサイフケータイ(iDを使うものはNG)やauスマートパスなどのキャリア独自のサービスを失う・・・などのデメリットがあります。

LTEのパケットで通話するボルテは対応端末であれば、格安SIMでも利用可能な環境が整いつつあります。
格安SIMで3G回線を使った通話に関する悪評は少ないことから、通話に関しては格安SIMでもキャリアでも大きな違いはありません。


Web閲覧やYoutube視聴などLTEを使ったデータ通信に関しては、選ぶ会社によって遅い場合があります。

「格安SIMの会社名 速度」のキーワードでgoogle検索やTwitterで検索すると朝昼晩の通信速度がわかります。
ただ、これは、この計測している方の環境であって、あなたの環境ではありません。
見つけた情報があなたの行動するテリトリーだったら信じていいです、
全然違う地域の情報の速度の場合、全く役に立ちません。

同じMVNOでも口コミ、レビューでは、速い安定している、いやいや全く速度がでない、昼間だけ遅い、深夜は全然ダメなど評価がバラバラです
一体どれがほんとうなのか・・・・

理想的な状況は、基地局の近くで、一人で独占しているという状況であれば、速度がはやく、安定した高速通信が可能です。

身近な例で、基地局をWi-Fiルーターに置き換えて考えるとわかりやすいです。
Wi-Fiルーターの場合、ルーターまでの距離、ルーターと端末の間に障害物があるかないか、電波が干渉していないか、近隣の周辺Wi-Fiルーターと干渉していないか、などがWi-Fiが遅いと感じる要因です。


Wi-Fiと違い、4G LTE/3Gの通信は、屋外を想定した通信で、多くの人が同時に利用します。
LTEの速度が安定しなかったり、時間帯によって遅くなる要因はさらに増えます。


実際に使っている場所だったり、時間だったり、スマホで使っているサービスだったり、

「人それぞれ」
です、
無線電波のサービスで、同時利用者数など不確定要素で遅くなったり、安定したり
「人それぞれ」で変わる要因が多すぎるので口コミやレビューでは
ほんとうの真実は分かりません

そのため最初の方で提案した、
格安SIMのはじめ方 あなたの生活スタイルに合った格安SIM選びの提案は
 「データ通信専用SIMで生活スタイルにマッチした格安SIMかを見極める
です。


データ通信専用SIMのメリット

音声通話SIMにいきなりMNPすると快適なデータ通信を失うリスクがあります。
また、格安SIMの音声通話プランの多くは、
3ヶ月から12か月の最低利用期間があり、最低利用未満で解約すると7,8千円の解約手数料が発生したり、
最低利用期間がなくても、よく見るとMNP転出する際に支払う転出手数料が割高になっていたりと
余計な出費のリスクがあります。

データ通信専用プランの場合、最低利用期間なし、解約手数料なし、電話番号を持たないのでMNP転入・転出する必要なしと余計な出費リスクがありません。

さらに、 月初月額無料キャンペーン実施しているMVNOで契約すると金銭的なリスクがあまりない状態でお試しすることができます。

 

生活スタイルにマッチした格安SIMかを見極める手順

いつも使っているスマホのSIMは、そのままの状態でつかいます。
あなたがドコモユーザー、auユーザーなら古いスマホ(ドコモ)で使い勝手を確認できます。

あなたがソフトバンクユーザー、ワイモバイルユーザーなら一般的に言われる格安SIMは現時点で存在していないので、ドコモの中古スマホ・モバイルルーター、auの中古スマホ・モバイルルーター、SIMフリースマホ、SIMフリーモバイルルーターのいずれかを入手する必要があります。

 

会社の同僚だったり、後輩から使わなくなったスマホを借りるのも一つの手です。

ページの先頭へ